スポンサードリンク

資格における規制緩和

規制緩和の一環として1998年度に総務庁が発表したのが「公的な業務独占資格について資格要件や業務範囲等の在り方を含めた見直し」です。さまざまな分野で規制緩和が進むなか、意欲と能力を最大限活用すべく業務独占資格についても以下のような見直し作業がなされるべきとされています。

○業務独占範囲の見直し
○合格人数制限の見直し
○受験資格要件の見直し
○類似資格の統合
など、参入障壁ともいえる業務独占範囲を見直してなるべく業務独占範囲は限定し、合格人数も資格試験である程度以上の得点があれば合格させるとか、受験資格要件も緩めていこうという意図が読み取れます。
また報酬規定なども独占禁止法などで公正有効な競争を妨げることのないようにする必要があります。
posted by mabou at 17:02 | 国際標準化と資格について

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。