スポンサードリンク

米国公認会計士(CPA)の業務と資格について

米国公認会計士はCertified Public Accountant(CPA)といい主な業務としては、
○監査証明
○会計業務
○税務
○マネジメント・アドバイザリー・サービス(MAS)
となっていて、特に監査証明は公認会計士の独占業務とされています。米国公認会計士の試験は日本の公認会計士試験ほど難しくないそうで有資格者の数も多く、公認会計士としての仕事よりもビジネスキャリアとして活用されることが多いそうです。

米国公認会計士資格の取得後は国際的な監査法人に入社して監査や会計コンサルティングの経験とスキルに磨きをかけるか、金融系や外資系の企業に入社して活躍する方が多いといいます。

posted by mabou at 18:23 | 国際標準資格各論

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。