スポンサードリンク

米国公認会計士(CPA)の試験について

米国公認会計士(CPA)の試験は日本での受験ができないので注意が必要です。米国公認会計士(CPA)は米国各州によって認定される資格で受験要件も州によって異なっているためやはり注意が必要です。一般的には大学卒業資格と一定数以上の会計学の単位取得が必要で、なかには米国商法の単位が要求されるところもあるそうです。

試験は年に2回(5月と11月)に行われ、2日間で以下のような内容となります。
○財務会計
○管理会計、税法、公会計
○商法
○監査
となっていて各科目100点満点で75点以上で合格といいます。

米国公認会計士(CPA)の試験に短期で合格を目指す場合は米国公認会計士(CPA)専門の指導校などを利用したほうが有利で、受験の際は受験地が海外になるので受験ツアーも利用できて便利です。



posted by mabou at 18:36 | 国際標準資格各論

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。